MENU

車の一括査定の問題点とは

車を売却する場合には、できるだけ信頼できる会社に高く車を買い取ってもらいたいと思うのが普通ですが、特にできるだけ高く査定してもらいたいとすれば、一括査定をお願いするのが良いでしょう。一括査定とは、複数の買い取り業者に査定をしてもらい、それぞれの買い取り業者の買い取り額を比較することができるという点でメリットがあります。できるだけ高く売却をするのであればその中で一番高い査定を出した会社に売却すればよいということになります。このように、一括査定には多くのメリットがある一方で、実はいくつか問題点があることを知っておくべきです。

 

問題点の一つは、一括査定をすると頻繁に「あなたの車を私たちの会社で売りませんか?」という内容の営業電話がかかってくることです。つまり、査定する側としても売主側は一括査定で申し込んでいることはわかっていますし、できるだけ自分の会社で売ってもらいたいため査定後も営業電話がかかってくるのです。しかも、一括で査定を出しているわけですから5社か10社の会社を相手にしなければならないため疲れてしまうこともあるのです。

 

また、営業マンの中には非常識な人がいることも事実です。一括で査定をすると1社ぐらいは少し癖のある営業マンがいたり、話がしつこく売却するまで電話し続けるようなこともあります。もし、そのような非常識な態度を取られたならば、他社で売却しましたと一言いえば解決をすることがほとんどです。

このページの先頭へ
超レア物スニーカー