MENU

車売る際に高く売るコツ 修理が必要な場合の対処

自分の車をチェックしている最中に、「これって修理が必要なのでは」と感じる場面に出くわすこともあります。

 

これについては、今までに一度でも車売る行為をしたことのある方の中には、経験があるかもしれません。では、もし修理の必要性を感じた場合、どのように対処をすれば良いのでしょうか。

 

その際、最も良くないのが、修理に出してしまうことです。自分の車を少しでも良く見せたいという気持ちは間違っていないし、そのように感じるのはもっともなことです。

 

しかし、これは実は大きな落とし穴なのです。修理に出すことによって、確かに修理前よりは綺麗になることでしょう。これは単なる自己満足で終わってしまうものです。

 

というのも、修理に出せば、いかなる場合でも修理代が発生します。修理代は修理内容にもよって異なりますが、大抵の場合は10万円単位でかかることもあります。また、場合によっては20万円以上かかることだって考えられるでしょう。

 

この金額を聞けば、決して安いとは思いません。では、肝心の査定額についてはどうでしょうか。修理を依頼して修理代を投資して、それ以上に査定額がアップするならば、言うまでもなく車を修理した方が良いでしょう。

 

しかしながら、査定額がアップするという保証については、どこにもないのです。それならば、査定のためにわざわざ修理に出すのは、あまり賢いとは言えないのです。それならば、修理に出さないでそのまま査定を受ける方が望ましいのです。

このページの先頭へ
超レア物スニーカー