MENU

車の下取りと買い取り

車の売却方法には、ディーラーの下取りと専門業者の買取があります。

 

最近利用者が増えているのは、専門業者による買取です。
専門業者の買取を利用する人が増えているのは、ディーラーより高額で売却できるからです。
(ネットで調べればディーラーよりも買取店の方が高く売れることがすぐにわかります)
売却価格は少しでも高い方が良いですから、多くの人が専門業者を利用するようになりました。

 

しかし、専門業者による買取には、デメリットがいくつかあります。
そのため、必ずしも車を売るときには、専門業者の買取が優れているとは言えません。

 

ディーラーによる下取りにも、専門業者の買取にはないメリットがいくつもあります。
ディーラーで売却する最大のメリットは、買い替え時の手間が少なくなることです。

 

買い替え時に買取を利用すると、売却先となる専門業者を探さなければいけません。
一括査定のサービスなどを使えば、以前より簡単に見つけられるようにはなりましたが、それでも査定額を比較したり専門業者の評判を調べたりと、意外と手間がかかってしまいます。

 

また、一括査定のサービスによっては電話番号やメールアドレスの入力を求められるので、断った専門業者から繰り返し営業の電話がかかってくることもあります。
このように、専門業者を探すときに便利なサービスではあるものの、デメリットも存在しています。

 

下取りなら、購入したい新車のディーラーで売却することが可能です。
個人情報を入力する必要があるサービスを利用して、売却先を探す必要もありません。
また、売却時に必要となるさまざまな手続きも、代理で行ってくれます。

 

買い替えたい新車のディーラーに持って行けば後は全てお任せできるので、とても簡単に売却することができるのです。
さらに購入先のディーラーで下取りをすれば、さまざまなサービスを受けることができます。

 

新車の購入代金を値引きしてくれたり、グレードがワンランク上のオプションをサービスしてくれたり、売却と購入を一体にすることによって、購入時にお得になるのです。

 

こうした値引きやオプションのサービスを受ければ、ディーラーの下取りが専門業者の買取金額より低くても、計算すれば却って安くなることもあるでしょう。

 

たとえ全体でわずかに買取の方がお得でも、売却時の面倒な手間から解放されるなら、それほど損をしたとは思わないはずです。
このようにディーラーと専門業者では、メリットとデメリットがあります。
どちらを選ぶかは、それぞれを比較して最適な売却先を選ぶようにしましょう。

このページの先頭へ
超レア物スニーカー