MENU

新型セレナにe-POWERが搭載!

 

日産のセレナは2016年にフルモデルチェンジされましたが、2017年にe-POWERを搭載したモデルが発売する見込みです。

 

10月末に行われる東京モーターショーにて発表するものとみられ、いまから注目が集まっています。

 

現代の新車市場において、最も競争率が高いミニバンの中でトップに君臨しているのが日産セレナですが、新型セレナには新たにe-POWERを搭載させたモデルは期待大です!

 

既に同メーカーが手がけるコンパクトカーには搭載されており、画期的な先進技術によりこれまでにはない燃費を実現しています。
実際に同じく競争が激化しているコンパクトカーのカテゴリでも先進技術によって多くの方々に選ばれており、売上を順調に伸ばしています。

 

最も売れているミニバンということもあり、企業の経営を直接的に支えているのは言うまでもないため、メーカーが取り分けて注力するのは当然であると言えます。

 

既にe-POWERを載せている車両においては1リットルあたり37キロを超える燃費を叩き出していることから、新型セレナに採用されると群を抜いて存在感をアピールすることが可能です。

 

また、燃費性能向上だけに留まらず近い将来当然のように利用されると考えられている自動運転技術も早くも搭載しています。
大変高い位置にまで完成されているものの、各メーカーは実用化に関しては慎重な姿勢を見せており、なかなか突出した変化を感じることはできません。

 

そのような中、新型セレナはハンドルに手を添え続けている必要はあるものの、自動運転に任せて目的地まで向かうことができます。

 

そして、開口部が大きなスライドドアの恩恵を特に受けているのは子育て世代という事実もあることから、両手に荷物を持ったり子供を抱えている状態でもドアの操作ができるようにハンズフリーの仕組みが用いられています。車体の下に足を出すだけで操作可能なのでとても利便性が高く感じられ、一度お世話になると手放せないものです。

 

価格においてはこれほど盛り沢山な性能があるものの、全てのグレードにおいて300万円前後に設定されています。
前輪駆動に限らず全輪駆動も準備されている上に価格も大きく変わらないので雪道を走行する方でも安心です。


このページの先頭へ
超レア物スニーカー