MENU

車を売る際に高く売るコツ 内部の臭いに対する対策

車売る前のチェックとして、動作に関するチェックが終わったら、内部の臭いに関するチェックへと移ります。

 

このチェックも、査定額を握る要素となっているので、是非とも欠かすことなく行なっておきたいものです。
では、臭いのチェックですが、どのように行なえば良いでしょうか。

 

まず、人が一般的に嫌がる臭いとは何かについて把握することです。これには大きく分けて2つあります。1つ目は、タバコの臭い、もう1つはペットの臭いです。この2つの臭いについて1つずつ確認していきます。いづれの臭いも特に感じられるようではなければ、悪臭については特に問題ないですが、もしいづれか1つでも臭いがするのであれば、何とかして臭いを消さないといけません。

 

その場合は、専用の臭い消しで対応すれば良いのです。臭い消しを使っても、最初の段階ではあまり臭いが消えないかもしれませんが、繰り返し試していくことによって、徐々に臭いが消えていきます。

 

では、車の独特の臭いについてはどうでしょうか。これについては、悪臭ほど問題にはなりません。というのは、どの車も車独特の臭いがするので、これについては避けることはできないからです。そのため、車独特の臭いで大幅にマイナス査定になることはないので、その点については、安心して大丈夫です。

 

また、車の内部にゴミが落ちている場合、きちんと拾って綺麗にすることです。というのも、そのゴミから臭いが出ることがあるので、これはマイナス査定に繋がっていく恐れがあり、非常にもったいないからです。

このページの先頭へ
超レア物スニーカー